• お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > チケットプレゼント

ここから本文です。

チケットプレゼント

検索条件 プレゼント:全て

11件中 1~10件表示  表示件数

プレゼント終了 開催中

当館が所蔵する岩佐又兵衛筆「誓願寺門前図屏風」は、国宝「洛中洛外図屏風」と共に又兵衛筆の都市風俗画の重要作例として認識されています。当館では、当該作品の解体修理を行い、このほど無事に完成を迎えることができました。本展はこの機会をとらえ、修理が加えられた誓願寺門前図屏風とその関連資料を展示し、当該作品の新たな魅力に迫ります。 またあわせて、この屏風が描かれた江戸時代の京都に焦点をあて、近世都市京都とそこに息づく人々の姿を、絵画、考古、古文書など豊富な資料から考えます。

プレゼント終了 開催中

はっきりした四季と湿潤な気候によって良材に恵まれた我が国の木竹工芸は、技術的・芸術的に優れた日本独自の工芸として発展してきました。本展ではこの伝統を継承しつつ、今日の生活に即した作品を全国から公募し、厳選した入選作と重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品65 点を一堂に展示します。

プレゼント終了 開催中

十八世紀の京都では、多くの絵師たちがその腕を振るいました。今回は相国寺と深いかかわりのある京の絵師たちの絵画を中心に展示を行います。 第一章では伊藤若冲の「釈迦三尊像」などの作品を通じ、相国寺の僧侶と絵師達の交流の軌跡を追います。特に京都市中の大部分を焼き尽くし、京都に大きな爪痕を残した天明の大火(一七八八年)関連の資料と、その後に再建された相国寺方丈を彩った、原在中による杉戸絵もご披露いたします。相国寺僧と京絵師たちの災害からの復興に向けた軌跡をご覧ください。 さらに第三章には相国寺派寺院を彩ってきた絵師達の個性あふれる名品のうち、鹿苑寺からは伊藤若冲の重要文化財、鹿苑寺大書院障壁画五十面を、そして慈照寺からは与謝蕪村の描いた方丈上官之間の障壁画「山水人物図」をご披露いたします。また、池大雅や円山応挙など、十八世紀の京都画壇を彩る絵師達の画技もあわせてご覧いただきます。 相国寺、鹿苑寺(金閣寺)と慈照寺(銀閣寺)を代表する近世障壁画を中心に、寺院空間を彩った作品群をお楽しみください。

プレゼント終了 開催中

**************************************************************************************************************************************開館状況や会期の変更は、展覧会公式サイトまたは施設にご確認ください。また、自治体の感染予防対策等をご確認のうえ、感染予防を徹底し、お出かけくださいますようお願いします。 ************************************************************************************************************************************** 021年は、聖徳太子の1400年忌という節目の年にあたります。本展では法隆寺の宝物を中心に、太子への篤い信仰が生み出した作品を一堂に展観いたします。

プレゼント終了 開催中

**************************************************************************************************************************************開館状況や会期の変更は、公式サイトで確認いただきますようお願いします。また、自治体の感染予防対策等をご確認のうえ、感染予防を徹底し、お出かけくださいますようお願いします。 ************************************************************************************************************************************** 2021年4月17日(土)から6月27日(日)の期間、モーゼスおばあさんグランマ・モーゼスの愛称で親しまれ、アメリカ人なら誰もが知る国民的画家、アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス(1860-1961)の展覧会、あべのハルカス美術館にて生誕160年記念「グランマ・モーゼス展素敵な10…

プレゼント終了 開催中

**************************************************************************************************************************************開館状況や会期の変更は、各施設にお問い合わせいただきますようお願いします。また、自治体の感染予防対策等をご確認のうえ、感染予防を徹底し、お出かけくださいますようお願いします。 ************************************************************************************************************************************** ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館などと並ぶ世界有数の総合博物館、ベルリン国立博物館群のエジプト博物館のコレクションの中から選りすぐりの約130点を展示します。 古代エジプト人が信じた「天地創造と終焉の物語」をテーマに、「天地創造と神々の世界」「ファラオと宇宙の秩序」「死…

プレゼント終了 開催中

日本を代表する写真家、石内都の個展を開催します。 石内は1947年に群馬県桐生市で生まれ、多摩美術大学で染織を学んだ後、写真を始めました。写真に関する専門的な教育を受けず、独学で技術を習得した石内は、従来の写真形式に縛られることなく、粒子が浮かび上がるモノクロームの写真で独自の表現手法を身につけます。 1977年、石内は自身が幼少期から青春時代までを過ごした横須賀の街を撮った<絶唱、横須賀ストーリー> を初個展で発表しました。1979年に<APARTMENT>で木村伊兵衛賞を受賞すると一躍世間の注目を集めます。以後、石内は赤線跡の建物、身体にのこる傷跡、母親の下着や口紅といった遺品などを撮ることで、目には見えない「時間」を写真に写し込む試みを続けてきました。独自の世界観を築いてきた石内の写真は、やがて国内外で高く評価されるようになり、2005年にヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家として選出されました。2014年には写真の世界で偉大な業績を残した者に授与されるハッセルブラッド国際写真賞を受賞します。 2018年、石内はそれまで活動の拠点としてきた横浜から生まれ故郷の桐生市…

プレゼント終了 開催中

**************************************************************************************************************************************開園状況は、各施設にお問い合わせいただきますようお願いします。また、自治体の感染予防対策等をご確認のうえ、感染予防を徹底し、お出かけくださいますようお願いします。 ************************************************************************************************************************************** 都市近郊でありながら、歴史ある古民家や田畑がある広大な敷地で耕作や収穫を体験できる公園です。 四季折々の里山の自然や暮らし、文化をお楽しみください。 〇里山体験を毎日実施(当日先着順受付・無料) ※雨天中止 1日2回、1時間程度の耕作などの里山作業と収穫を気軽に体験できます。少量ですが…

プレゼント終了 開催中

**************************************************************************************************************************************開館状況や会期の変更は、展覧会公式サイトまたは施設にご確認ください。また、自治体の感染予防対策等をご確認のうえ、感染予防を徹底し、お出かけくださいますようお願いします。 ************************************************************************************************************************************** アサヒビール大山崎山荘美術館は1996年4月に開館し、今年で25周年を迎えます。開館25周年を記念する本展では、作品をとりまく「夢」に焦点をあて、当館蔵品を厳選し公開します。19世紀後半から20世紀はじめのパリでは、夢を抱いた芸術家が集い、多彩な文化が次々に花開きます。絵画においては、ク…

プレゼント終了 開催中

**************************************************************************************************************************************開館状況や会期の変更は、展覧会公式サイトまたは施設にご確認ください。また、自治体の感染予防対策等をご確認のうえ、感染予防を徹底し、お出かけくださいますようお願いします。 ************************************************************************************************************************************** 兵庫県立美術館では、前身の県立近代美術館が開館した1970年以来、作品の充実に努めてきました。それらを積極的に紹介し変化ある常設展示室の演出を心がけるために、同館では2019年度より、1年を2回に分けて、それぞれ展示のテーマを設けることによって、横断的にコレクションを紹介しています。 …

11件中 1~10件表示  表示件数