• お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

メニュー

ここから本文です。

現職

退職

更新日:2022年6月3日

施設利用補助券

施設利用補助券について

 

兵庫県学校厚生会では、良質なサービスで安心して利用できる指定施設(指定家族レクリエーション施設指定宿泊施設)と契約しています。会員およびその家族(家族の範囲:配偶者・父母・子・兄弟姉妹・配偶者の父母・配偶者の子)が余暇で指定施設を利用する場合、施設利用補助券を使用すると補助を受けることができます。

施設利用補助券の共通券化について

2022年度より施設利用補助券の券種を統合し、「指定施設利用補助券(共通)」の1種類に変更します。

共通券化後の「指定施設利用補助券(共通)」は、指定家族レクリエーション施設・指定宿泊施設の両施設区分で

利用可能な金券です。ただし、施設区分により利用方法が異なります。

詳細については、下記の利用方法にて確認してください。

お届け時期

現職会員・現職準会員

5月に所属所へ配付

退職会員(退職準会員)・遺族会員

5月度配付文書に同封

 

※新規採用者・新規退職会員については、登録手続きの関係上、6月以降となる場合があります

見本・配付枚数

 2022現職施設利用補助券 2022退職施設利用補助券

施設利用補助券の種類

補助金額

配付枚数

指定施設利用補助券(共通)

500円

現職会員 13枚


現職準会員 10枚


 退職会員・退職準会員・遺族会員 11枚

※補助金額500円は最大補助額となります。料金が500円以下の場合、お釣りはでません

利用可能枚数

指定施設利用補助券(共通)は施設区分により利用可能枚数が異なります。

施設区分

利用可能枚数

指定家族レクリエーション施設

1人1入場(利用・入館)につき1枚

指定宿泊施設 1人1泊につき1枚から4枚まで

利用期間

2022年6月1日~2023年5月31日

指定家族レクリエーション施設での利用方法

①利用前に「指定施設利用補助券(共通)」の券面に「利用年月日・施設名・利用区分・施設区分」を記入してください。

※利用可能な施設については、こちらから検索できます

②施設の窓口で「指定施設利用補助券(共通)」を提出してください。1人1入場(利用・入園)につき、1枚利用できます。

③利用料金が補助額を超える場合は、差額を現地で支払ってください。

 

料金や休業日等が予告なく変更になる場合がありますので、各施設へ直接確認のうえ利用してください。

 

指定宿泊施設での利用方法

 ①宿泊施設に直接予約し、兵庫県学校厚生会の会員であり、「指定施設利用補助券(共通)」を利用する旨を伝えてください。

※利用可能な施設については、こちらから検索できます

②利用前に「指定施設利用補助券(共通)」の券面に「利用年月日・施設名・利用区分・施設区分」を記入してください。

③チェックインの際に「指定施設利用補助券(共通)」を提出してください。1人1泊につき1枚から4枚まで利用できます。

④宿泊費の差額を現地で支払ってください。

 

料金等が予告なく変更になる場合がありますので、各施設へ直接確認のうえ利用してください。

利用上の注意

  • 会員とその家族(家族の範囲:配偶者・父母・子・兄弟姉妹・配偶者の父母・配偶者の子)のみ有効です。
  • 表記利用期間中のみ有効です。
  • 指定家族レクリエーション施設では1人1回入場につき1枚利用できます。
  • 指定宿泊施設では1人1泊につき4枚まで利用できます。
  • 利用時は、利用年月日・利用施設名・利用区分・施設区分を必ず各自で記入してください。
  • 施設利用料金の一部として利用してください。ただし、利用目的は余暇に限ります。
  • 他人に譲渡することはできません。また、紛失などによる再発行はしません。大切に保管してください。
  • 不正利用された場合は、以降利用できなくなりますので注意してください。

よくあるご質問

お問い合わせ

第1事業部福祉係

電話番号:078-331-9968

ファクス番号:078-322-3582