• お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > チケットプレゼント

ここから本文です。

チケットプレゼント

検索条件 プレゼント:全て

10件中 1~10件表示  表示件数

 

 

プレゼント終了 開催中

福田眉仙(ふくだ・びせん)は1875(明治8)年、現在の兵庫県相生市に生まれ、幼い頃から絵に親しみました。久保田米僊による日清戦争報道画に感激した眉仙は、1894(明治27)年に上京して米僊に師事し、麦僊(ばくせん)と号します。1897(明治30)年米僊の推薦で橋本雅邦に師事、翌年の日本美術院創立にも参加し、以後日本美術院で研鑽を積み、岡倉天心の影響を強く受けます。 天心の勧めで中国大陸に渡ったのは1909(明治42)年のことで、峨眉山をはじめ各地を訪れては写生を行い、1911(明治44)年に帰国します。このときに描き溜めたスケッチを元に『支那大観』を刊行、《支那三十図巻》の制作や、『支那三十画巻』の刊行への足掛かりとなります。また深く感銘を受けた峨眉山にちなんで、画号を眉仙と改めたことからも、この中国旅行がいかに貴重な体験であったかがわかります。 眉仙はこの頃より山水画を主に描きはじめますが、その制作は従来の南画の目指す理想郷を表現したものとは一線を画した、現地での写生に基づいたものでした。1913(大正2)年に天心が世を去り、翌年横山大観らが再興した日本美術院に参加しますが…

プレゼント終了 開催中

 やきものは、人類が化学変化を意識的に応用し、生みだしたといわれていますが、現在に至るまでには、形や色合い、装飾などにさまざまな技術が取り入れられ、変化してきました。やきものの製作過程を紐解いてみると、素材となる粘土や陶石などを採掘し、不純物を取り除いて精製したのち、成形作業へと進み、乾燥期間を経て、焼成が行われます。成形された器面に装飾が加えられることは、やきものが誕生してまもなく始められており、そこには本来の実用的な機能に彩りを添え、飾り付けることで、呪術的な意味合いや独自性あるいは地域性、物語性、時代性、流行り、遊び心など、つくり手によって創意工夫された美意識の一端が表現されています。  一昨年に開催した、「やきものを分析する-釉薬編-」では、器面を彩るさまざまな色合いを生みだす釉薬に焦点をあて、それらの成分を化学的に分析するとともに、生成状況や焼成方法などの再現を試み、基本的な知識に専門用語などを交えながら解説することで、釉薬の複雑さや奥深さを感じていただきました。  この展覧会は、釉薬編に続く第2弾「装飾編」として、器面をカンバスに見立て、写実的あるいは図案化して描か…

プレゼント終了 開催中

チョコレートやクッキー、キャンディーにケーキ。文明開化によって西洋からもたらされた洋菓子は、150年の時を経て日本人にも身近な存在になりました。その洋菓子をつくる職人パティシエの活躍が近年話題になりますが、彼らが使う菓子作りの道具に奥深い歴史と造形の魅力があることはあまり知られていません。 洋菓子作りの道具は種類に応じてさまざまなバリエーションがあります。なかでも注目なのが、菓子の全体的なカタチを決定する「型」です。歴史的な図像を彫り込んだ古めかしい木型や美しい光沢を生み出すための金型など、その美しく可愛らしい造形は見ていて飽きることがありません。 本展ではエーデルワイスミュージアムが長年にわたって収集したヨーロッパ各地の製菓器具コレクションの中から、型を中心とした貴重な資料を展示します。あわせて装飾に凝った華やかな菓子容器や現代のパティシエがつくり出す最高峰の工芸菓子「ピエスモンテ」もご紹介します。 芸術品と呼ぶにふさわしい数々の菓子道具を通して、ヨーロッパの歴史の中でしっかりと根付いている菓子作りの文化の奥深さをご堪能下さい。

プレゼント終了 開催中

今年のさがわきっずみゅーじあむは、世界中の人々に愛されている不朽の名作『不思議の国のアリス』をテーマに、アリスが遭遇した不思議な体験を一緒に楽しむことができる、体験型の展示イベント「アリスインサイエンスワールド」をご紹介!「見たり」「聞いたり」「触ったり」誰でも簡単に体験することができます。この冬は不思議の国に出かけよう!

プレゼント終了 開催中

 江戸時代、女性たちは身分や職業によって服装や装飾品を規制されていました。しかし、そのような制限のなかで、女性たちは髪飾りに個性を求め、職人が創意工夫をこらした多種多様な櫛やかんざしで自らを飾り、おしゃれを楽しんでいました。  東京都青梅市にある澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園に生まれ、舞妓となり、後に東京で料亭の女将として多くの人を魅了した岡崎智予(1924-1999)が収集した作品が所蔵されています。  所蔵品には、文化が爛熟し工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものをはじめ、尾形光琳(1658-1716)、酒井抱一(1761-1829)、原羊遊斎(1769-1845)ら高名な美術家による逸品も含まれています。  本展では、日本の工芸の粋を凝縮した櫛、かんざしとともに、当時の風俗を伝える浮世絵をあわせた約300点をご紹介します。

プレゼント終了 開催中

2018年は明治改元から150年にあたります。維新以後、「文明開化」政策に沿って、西欧の近代文化の移入を急いだ日本。そのために、市民の暮らしも外国からの文化が押し寄せ、習慣や価値観は様変わりしました。我が国の伝統文化と西欧の近代文化との相克が展開され、新しい芸術文化が創生されることとなりました。 周知のように、「脱亜入欧」のスローガンのもと、生活文化の西欧化が進められた明治。大正デモクラシーという言葉が表すように、吉野作造が提唱した民本主義や一連の自由主義、社会主義の萌芽がみられた大正。中国の書経にある「百姓昭明 協和万邦」から命名され、戦争の世紀ともいわれた昭和。IT革命によりAI時代が到来した平成。そして次に、新しい時代が訪れようとしています。 このような社会を渦巻く時代の流れは、美術界においても大きな影響を及ぼしています。本展では明治期を〈近代美術の萌芽と成立〉、大正を〈近代美術の展開〉、昭和を〈現代美術の展開〉、平成を〈現代美術の多様化〉と区分し、当館コレクションを中心に各時代の作品を紹介することで、美術の時代変遷を検証してみようとする試みです。また、明治期に庶民の視覚メデ…

プレゼント終了 開催終了

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。 コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で"ミラクル"な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。 生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。実際にありそうで現実には存在し得ない《相対性》など代表作のほか、初期の作品や木版、直筆のドローイングなどから、エッシャーが唯一無二と評される作品を生み出す過程を、【8つのキーワード】を通じて紐解いていきます。 デジタル時代の今だからこそ、「版画」にこだわり続けたエッシャーの偉業を再認識できる貴重な機会となることでしょう。

プレゼント終了 開催中

ヴォルス(本名:アルフレート=オットー=ヴォルフガング・シュルツ)は、1913年ベルリンに生まれ、主にフランスで活動しました。幼少期より、音楽、絵画、写真、詩に親しみ、第二次大戦後の主要な美術運動のひとつ「アンフォルメル」の中心的画家のひとりとみなされています。抽象表現主義の先駆者とも言われますが、特定の画派や芸術運動のグループに属することなく、放浪のうちに38歳の短い人生を終えました。 細い線で細かく描き込まれたヴォルスの絵は、都市風景、港、船などの光景の痕跡を残したものと、完全な抽象に近づいたものがありますが、その両方とも、作者の心象風景を可視化したかのような何とも名づけがたいイメージに満ちています。ヴォルスの絵は、まさに現代という時代を生きる我々の個的な存在そのものの叫びのようです。戦後の混乱期、サルトルなどの実存主義の作家とも交流を深めたヴォルスは、古代中国の思想「老子」にも深い関心を寄せています。深く自己自身を見つめた孤独な魂に、同じ時代の人間として、吉左衞門は深く共感し、自身の心と重なるところがあると感じているようです。 樂吉左衞門とWOLSとの出会いは十数年ほど前、吉…

プレゼント終了 開催終了

西尾維新史上、”最京”の一冊 「京都の二十歳」としてデビューし、昨年作家業十五周年を迎えた西尾維新の展覧会『西尾維新大辞展~京都篇~』が、7/7(土)から9/17(月・祝)まで京都文化博物館にて開催! 京都が舞台のひとつとなっている戯言シリーズをはじめ、〈物語〉シリーズ、忘却探偵シリーズを中心に西尾維新の世界を紹介する本展では、かつてない”広大な辞書空間”となった会場を舞台に、作品に登場する数々の名文や、装画・アニメーション原画や動画を展示。さらに初公開となる「書き下ろし小説」、西尾維新の世界を五感で味わえる「体験型展示」など、様々な方法で西尾維新を紹介する。そして、東京にはじまり大阪、岡山、名古屋、福岡と全国開催された本展はいよいよ京都の地でファイナルを迎えることとなる。 各地で大評判であった西尾維新による脚本を豪華声優陣がナレーションするキャラクター音声ガイドはもちろん、西尾維新アニメプロジェクトスタッフによるトークショーなどのイベントや、当館1階の江戸時代末期の京の町家の表構えを復元した「ろうじ店舗」でのコラボカフェ、描き下ろしイラストを使用した展覧会オリジナルグッズな…

 

 

10件中 1~10件表示  表示件数