• お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

メニュー

ここから本文です。

更新日:2020年5月26日

傷害事故に対して

傷害保険金

「幼児とのふれあい体験活動」または「オープン・ハイスクール」参加中に、偶然な外来の事故により(生徒本人が)ケガをしたり、死亡した場合にお支払いします。
また、自宅と活動参加のために集合する所定の場所との間を合理的な経路および方法により往復する間に生じたケガも対象としています。

【具体的な事故例】

  • 実習中や施設訪問中に事故により不幸にして死亡したとき
  • 施設内において、階段で足を踏み外してケガをしたとき
  • 活動中に、車にはねられてケガをしたとき
  • 施設の機械操作を誤り、火傷を負ったとき
  • 実習中に幼児の玩具があたりケガをしたとき

お支払する保険金について

死亡保険金

事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合にお支払いします。
(注)保険期間中に、既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は死亡・後遺障害保険金額からその額を差し引いてお支払いします。

後遺障害保険金

事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に約款所定の後遺障害が発生した場合に、後遺障害の程度に応じて死亡・後遺障害保険金額の4%~100%をお支払いします。
(注)後遺障害保険金の額は、保険期間を通じ、合算して死亡・後遺障害保険金額が限度となります。

入院保険金

事故によるケガの治療のため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に入院した場合に、入院1日につき180日を限度に入院保険金日額をお支払いします。

手術保険金

事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内にそのケガの治療のため約款所定の手術を受けた場合に、以下の金額をお支払いします。

A 入院中に受けられた手術 入院保険金日額の10倍
B 上記A以外の手術 入院保険金日額の5倍

 (注)1事故につき、1回の手術に限ります。AとBの両方に該当する手術を受けた場合は、Aの手術を1回受けたものとします。

通院保険金

事故によるケガの治療のため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に通院(往診を含みます)した場合に、通院1日につき通院保険金日額を通算して90日を限度にお支払いします。
<ご注意>保険金は、健康保険・生命保険などとは関係なくお支払いします。

保険金をお支払いできない主な場合

  • 故意によるケガ、または自殺行為や犯罪行為によるケガ
  • 頚部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛で他覚症状のないもの
  • 戦争・暴動によるケガ
  • はり・灸による治療
  • 疾病に起因するもの
  • 地震、噴火またはこれらによる津波によるケガ
  • 細菌性食中毒、ウイルス性食中毒によるもの    など

 

よくあるご質問

お問い合わせ

電話番号:078-331-9317

ファクス番号:078-331-9910