• お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

メニュー

ホーム > おすすめレシピ(過去の記事)

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

離乳食

おすすめレシピ(過去の記事)

2017.8月

トマトは、離乳食初期から食べられる食材です。トマト断面

トマトの調理は、まず「湯むき」から始まります。

赤ちゃんにとってトマトの皮と種は、とても飲み込みにくいうえに

消化も悪いのでしっかりと取り除いてあげましょう。

 

湯むきの方法

1.トマトのへたを取り、へたの反対側に包丁で十字の切り目を浅めに入れます。

2.沸騰したお湯の中に15秒程入れます。

3.冷水につけて、切り目の部分から皮を取ります。

 

 

                                   

                                                                                              

トマトのペースト文言                                                                                         

 

トマトとじゃがいものペースト 

《 離乳食初期 5~6ヶ月(ゴックン期) 》

◆材料                          

  トマトペースト・・・15g

  (トマトを湯むきし、種を取り除いたものをすり鉢で

   すりつぶしたり、ブレンダーやミキサーでペースト状に

       して、レンジで加熱します。)  

  じゃがいも・・・10g

◆作り方

1. じゃがいもの皮をむき、小さく切って茹でてつぶすか、

    電子レンジで柔らかくします。

2. トマトペーストをレンジで加熱します。

3. 1.のじゃがいもと2.のトマトペーストを混ぜます。

  

                                                                                                                                                                    

 トマトの白和え文言

                                                         

トマトの白和え

 

      

 《 離乳食中期 7~8ヶ月(モグモグ期) 》

◆材料

    トマトペースト・・・15 g

   (離乳食初期レシピ参照)

     豆腐・・・50 g 

    水・・・50cc

 ◆作り方

1. 耐熱容器に豆腐と水をレンジで加熱し、

  耐熱容器内の水気を捨ててスプーン等で

  小さくつぶします。

2. 1.の豆腐にトマトペーストを混ぜ合わせます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トマトのドリア文言

                                                     

トマトドリア

《 離乳食後期 9~11ヶ月 (カミカミ期)》 

◆材料  

  軟飯(または5部粥)・・・子ども茶碗1/2杯

  トマトペースト(離乳食初期レシピ参照)・・・小さじ1/2  

  とろけるチーズ・・・適量

◆作り方 

1. 軟飯とトマトソースを混ぜます。

2. 耐熱容器に1.を入れて、とろけるチーズを上にのせます。

3. オーブントースターに入れ、とろけるチーズがほどよく溶け

 るまで焼きます。 

 

オーブントースターから出した後の器は、熱くなっていますので、やけどに注意してください。

  

  

                                                                                                             

              今月のワンポイントサラダ

トマトには、風邪予防に役立つビタミンC、塩分の排出を助けるカリウム、

腸内環境を整える食物繊維などがバランス良く含まれています。

サラダにしたり、ソースにしたりと応用が利きやすいので、

離乳食に取り入れやすい食材です。

             

 

 

2017.7月レタスのアップ画像

レタスは、離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から使っていただける食材です。

最初は、レタスの柔らかい葉先の部分を、茹でてすりつぶした状態から使います。

繊維が多いので、ミキサーやブレンダーなどで滑らかに攪拌してから裏ごししてください。

                                                                                              

レタスのペースト文言                                                                                         

  (レタスの葉の大きさにもよりますが、3食分ほどです。

レタスのペースト

《 離乳食初期 5~6ヶ月(ゴックン期) 》

◆材料                          

  レタス・・・1枚

  水・・・適量

 

                                                                               ◆作り方

                                                                                     1. レタスのやわらかい葉先部分を柔らかく茹でます。

                                                                                     2.   1.の粗熱を取り、小さくちぎったら、水を加えてミキサーや

                                                                                             ブレンダーでかくはんします。

         

                                                        

 

 レタスと豆腐の和風あんかけ文言                                                        

レタスと豆腐のあんかけ

 《 離乳食中期 7~8ヶ月(モグモグ期) 》

◆材料

     レタス・・・1/2枚(葉先のやわらかい部分)  

  豆腐(絹ごし)・・・20g

  だし汁・・・適量(材料がひたひたになるくらいの量)                                                                             片栗粉・・・少々

 

 【だし汁の作り方】

 昆布10cm角1枚を軽く汚れを拭き取り、

 いくつか切り込みを入れてから

 400mlの水の中に入れ、火にかけ沸騰直前に

 昆布を取り出し、鰹節をひとつかみ入れて

 火を止めます鰹節が沈むとザルで濾してください。

 残っただし汁は、冷蔵保存にするか製氷機に入れて

  冷凍保存すると便利です。手間をかけられない

   場合はすべての材料を保存容器等に入れ、

   6時間以上冷蔵庫に保存しておいてもできます。

  (味は煮出した方が美味しくできます。)           

                                                                                ◆作り方

                               1. レタスは細かくちぎり、豆腐はつぶしておきます。                                                                                                                        2. 小なべに、1.とだし汁を入れ、弱火で加熱します。                                                                                                                        3. 水溶き片栗粉を加えて全体にとろみがつくまで加熱します。 

 

     

                                                     

 レタスと納豆の和風パスタ

レタスと納豆とマカロニ

《 離乳食後期 9~11ヶ月 (カミカミ期)》 

◆材料  

  レタス・・・1/3枚  

     納豆(ひきわり)・・・15g 

     マカロニ・・・20g

      だし汁・・・10ml(レタスと豆腐の和風あんかけ参照)

      しょう油・・・2滴    

                                ◆作り方  

                                        1. マカロニは柔らかく茹でて1cmに切り、                                                                                                                              レタスは細かくちぎっておきます。  

                               2. 1.と納豆、だし汁を混ぜ合わせ、

                                 しょう油をたらして風味をつける。                                                                               

              今月のワンポイントスープ

                 レタスは、血液の循環を良くするビタミンEが豊富に含まれています。

                サラダのイメージが強いですが、ビタミンEは加熱しても失われることはありません。  

                スープ等の加熱調理にも適しています。                                  

             

 

2017.6月   

じゃがいもは、離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から使っていただける食材です。

風邪の予防に効果的なビタミンCや貧血予防に効果がある鉄分など、豊富な栄養が含まれています。

じゃがいもの芽には、有害物質が含まれていますので、必ず取り除いてから調理しましょう。

 

じゃがいものピューレ

          【じゃがいものペースト】

             《 離乳食初期 5~6ヶ月 》 

    ◆材料

               じゃがいも 30g  

      だし汁 大さじ1                

      【だし汁の作り方】

      昆布10cm角1枚を軽く汚れを拭き取り、いくつか切り込みを入れてから

      400mlの水の中に入れ、火にかけ沸騰直前に昆布を取り出し、鰹節をひとつかみ入れて火を止めます。鰹節が沈むとザルで濾してください。

      残っただし汁は、冷蔵保存にするか製氷機に入れて冷凍保存すると便利です。

      手間をかけられない場合は全ての材料を保存容器等に入れ、6時間以上冷蔵庫に保存しておいてもできます。

      (味は煮出した方が美味しく出来ます。)

       1. じゃがもの皮をむき、5mm~1cmの角切りにします。

      2. だし汁とじゃがいもを鍋に入れ、じゃがもが柔らかくなるまで茹でます。

        (じゃがいもは細かく切ってだし汁も耐熱容器に入れ、レンジに入れても可能です。)

      3. じゃがいもをザルに取り、ボウルに移してつぶします。

                                       

 

 じゃがいもとツナのチーズボール

             じゃがいもとツナのチーズボール 

              《 離乳食中期 7~8ヶ月 》

             ◆材料                                                 

       じゃがいも 小1個  

      ツナ缶(ノンオイル) 大さじ1/2

              プロセスチーズ 10~15g                                                 

              ◆作り方

       1. じゃがいもの皮をむき、1cm程度に切り、耐熱皿に入れ、少量の水を加えて柔らかくなるまで加熱します。

       2. プロセスチーズを5mm角程度の大きさに切ります。

       3. ツナに沸騰したお湯をかけ、湯通しをします。

       4.  1.のじゃがいもが柔らかくなったら水分を捨て、スプーン等でつぶします。

       5. 4.のじゃがいもと2.のチーズと3.のツナを加えてまぜ、一口サイズに丸めます。 

      多めに作れば、塩コショウ等で味を整えて衣をつけてコロッケにしたり、

      キュウリ・玉ねぎを入れ、塩コショウとマヨネーズを加えるとポテトサラダも作れるといった

      離乳食以外にも使えるので便利です。

 

 

             じゃがいものガレット

            【 じゃがいものガレット  

                《 離乳食後期 9~11ヶ月 》 

                ◆材料 

        じゃがいも 2個  

        片栗粉 大さじ1

                粉チーズ 大さじ1.5

            サラダ油 適量

                ◆作り方 

                  1. じゃがいもの皮をむき、千切りにします。

        (じゃがいも同士くっつきにくくなる為、水にさらさないでください。)

       2. 片栗粉と粉チーズをよく混ぜ、1.のじゃがいもと混ぜ合わせます。

       3. フライパンにサラダ油をひき、2.のじゃがいもをフライパンに入れ、焦げ目がつくまで両面焼きます。

         (くっつきにくいフライパン使用の場合のサラダ油は極少量で問題ありません。)

                          

 

                   今月のワンポイント   

じゃがいもは、未熟な赤ちゃんも消化吸収しやすいデンプン質(炭水化物)を多く含みます。

つぶしやすいので、離乳食に使いやすく、また、生ですりおろして加熱すれば、とろみづけにも使える便利な食材です。

 

2017.5月      

     にんじんは、離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から使っていただける食材です。

     手に入りやすく、赤ちゃんの好きな甘い味なので、離乳食にも使いやすい食材です。

   【にんじんのペースト】にんじんのペースト

             《 離乳食初期 5~6ヶ月 》

      ◆材料

       にんじん 15g  

       野菜スープ 大さじ2                

       (野菜スープは、玉ねぎやしいたけなどをお湯で煮て漉したものを使うか、

        昆布だしでも代用可能です。)

      ◆作り方                                                                                                                                  

                1. にんじんの皮をむき、小さくきって柔らかくなるまで茹でます。

        もしくは、電子レンジを使用したり、アルミホイルに包んで炊飯器に入れ、お米と一緒に炊いても       

        作れます。

                2. 柔らかくなったにんじんを、すり鉢ですりつぶしたり、ブレンダーやミキサーでペースト状にします。 

                3.  2. と 野菜スープを混ぜる。    

  【にんじんの納豆あえ】 

              《 離乳食中期 7~8ヶ月 》にんじんの納豆あえ

             ◆材料

              にんじん 20g  

              納豆(ひきわり) 大さじ1  

      だし汁 大さじ1

      (だし汁は、昆布や鰹節、しいたけなどから取ります。)  

     ◆作り方

      1.   にんじんの皮をむき、小さくきって茹でます。

        もしくは、電子レンジを使用したり、アルミホイルに包んで炊飯器に入れ、お米と一緒に炊いても作れます。 

        2. 納豆は、茶こしやざる入れ、湯どおしして粘りをとります。

      3. 1.と2.を混ぜ、だし汁であえます。

   【 にんじんのホットケーキ】  

      《 離乳食後期 9~11ヶ月 》  にんじんのホットケーキ

   ◆材料(直径約6cmのもの約12枚分)

     にんじんペースト(離乳食初期レシピ参照) 40g

     ホットケーキミックス 100g

      豆乳(牛乳でも可) 65cc

       卵 1個      

   ◆作り方

                   1.   ボウルにホットケーキミックス、卵、豆乳を入れ、泡立て器でかき混ぜます。

       2. 1.に、にんじんペースト(離乳食初期レシピ参照)を入れ、さらに混ぜます。

       3. フライパンに薄く油をひき、2.を焼きます。

       4. 表面にプツプツと泡が立ってきたら、ひっくり返して裏面も焼きます。

     ◇◆今月のワンポイント◆◇  

       にんじんは、免疫力を高め、風邪予防や便秘、美肌、冷えにもいいといわれる健康食材です。

       大人も積極的に摂りたいカロテンや食物繊維が豊富に含まれています。

       栄養面では、緑黄色野菜の特徴であるカロテンの多さが特長の一つです。

       カロテンは、生で食べるよりボイルしたり、油で調理した場合のほうが、ずっと吸収率がよくなるという利点があります。

       カロテンのほかにもビ タミン類は、B1、B2、Cを少量含み、ミネラル類のカリウム、鉄、リンも豊富に含まれています。

       ただ、ビタミンCを酸化させる酵素アスコルビナーゼを含んでいるので、大根おろしとまぜたりすると、

       せっかくの大根のビタミンCが破壊されてしまうので注意しましょう。

       

 

2017.4月

           ブロッコリーは、離乳食の初期(5ヶ月~6ヶ月)頃から食べさせることができます。

            離乳食初期~中期ころは、穂先のみを後期以降に茎の部分を食べさせてあげるとよいでしょう。

 

  【ブロッコリーのペースト】

             《 離乳食初期 5~6ヶ月 》

             ◆材料

                 ブロッコリー  5房 (穂先の部分)

             ◆作り方                                                                                                                                  

                1. 鍋にブロッコリーと、ブロッコリーが浸かるくらいの水を入れ、軟らかくなるまで煮る。

                2. 軟らかくなったらすり鉢ですりつぶし、さらに濾し器で濾す。

  【ブロッコリーの白和え】 

              《 離乳食中期 7~8ヶ月 》

                ◆材料 

               ブロッコリーペースト   15g  (離乳食初期のレシピを参照) 

                 絹ごし豆腐         25g

       ◆作り方

               1.   鍋に水を入れ、沸騰したら絹ごし豆腐を入れ、火を通す。

                 2.  豆腐に火が通ったら、取り出してすり鉢ですり潰す。

                 3.  2の豆腐とブロッコリーペーストを混ぜ合わせる.

  【 ブロッコリーと豆腐のおやき 】 

        《 離乳食後期 9~11ヶ月 》 

         ◆材料

        ブロッコリーのペースト 15g

         人参                  10g

         じゃがいも         小2個

                      絹ごし豆腐         20g

                      片栗粉            小さじ2

                      油               少々

 

                ◆作り方

                   1.   ブロッコリーのペーストを用意する(離乳食初期レシピ参照)

       2.  じゃがいも(小2個)を茹で、皮をむく。

                   3.   人参をすりおろす。

                   4.   ボールに1のブロッコリーペースト、2のじゃがいも、3の人参と絹ごし豆腐20g、

                         片栗粉小さじ2を入れて混ぜ、丸く成形する(直径5cm、厚さ8mm~1cm)。

                   5.   フライパンに少量の油をひき、4のおやきを焼く(両面焼く)。

   【ブロッコリーのカレー風味炒飯】 

        《 離乳食完了期 1歳~1歳6ヶ月 》         

         ◆材料

                     ブロッコリー              3房

        軟飯           90g

                     人参                             15g

        コーン                          10g   

         ツナ(水煮缶)       10g

         バター                           2g

         カレー粉           小さじ1/2 

        醤油           少々

                 ◆作り方

                     1.     米を1合研ぎ、炊飯器の米2合のラインまで水を入れ、お粥モードで炊き、軟飯を作る。

         2.      ブロッコリーと人参、コーンを茹でる。

         3.      茹でたブロッコリーと人参をみじん切りにする。

        4.     ツナ缶からツナを取り出し、水切りをする。

                    5.      温めたフライパンにバターを溶かし、1の軟飯90g、2のコーン、3のブロッコリーと人参、4のツナ

           カレー粉小さじ1/2、醤油少々を入れ炒める。

 

 

 

2017.3月

    キャベツは、離乳食初期から使っていただける食材です。

    キャベツの芯の部分は、硬いので離乳食には芯を取り除き、軟らかい葉の部分の使用するようにしましょう。

    また、キャベツには風邪の予防や疲労回復などに効果があるビタミンCが豊富に含まれている他、骨や歯の構成要素であるカルシウムも多く

    含まれています。

    骨や歯を作る大事な時期におすすめの食材です。

     【キャベツのペースト

    《 離乳食初期 5~6ヶ月 》

     ◆材料

       キャベツ      3枚程度

      ◆作り方

                1. キャベツを小さめに切って、鍋で軟らかくなるまで茹でる。

                2. 茹でたら、裏ごしして出来上がり。(繊維は取り除く)

            【野菜のコトコト煮

            《 離乳食中期 7~8ヶ月 》

            ◆材料

               キャベツ               3枚程度

               人参                  15g

               大根                  15g

           ◆作り方

           1.   キャベツ、人参、大根の皮をむき、みじん切りにする。

          2.    鍋に1の野菜とひたひたになるくらいまで水を入れ、中火でじっくり煮る。

          3.   野菜が柔らかくなってきたら、野菜と煮汁をわける。

          ※ 3の野菜はそのままでも、うどんやお粥の具としても使えます。

           【具だくさんうどん 

           《 離乳食後期 9~11ヶ月 》

           ◆材料

               野菜のコトコト煮                30g

              うどん(ゆでたもの)     50g 

              昆布              10cm

              鶏ささみ            15g

           ◆作り方

            1.   昆布を水気を絞った布巾できれいに拭く。

            2.    鍋に昆布と水を入れ、20分程度放置してから 弱火にかけ沸騰する直前に昆布を取り出し、出汁を作る。

            3 . ささみのすじを取り、鍋で茹でてから、みじん切りにする。

            4.    うどんを鍋で茹でてから1cmに切る。

            5.     別の鍋に出汁80ccと野菜のコトコト煮(離乳食中期レシピ参照)、3のささみ、4のうどんを入れ、煮込む。

           【キャベツの白和え】 

            《 離乳食完了期 1歳~1歳6ヶ月 》

            ◆材料

               野菜のコトコト煮    20g

               絹ごし豆腐          15g

            ◆作り方

               1.     野菜のコトコト煮(離乳食中期レシピ参照)を熱したフライパンで軽く炒める。

               2.  鍋に水を入れ、絹ごし豆腐に火を通す。

               3.     ボールに1の野菜のコトコト煮と2の絹ごし豆腐を入れて、混ぜる。

          ◇◆今月のワンポイント◆◇

               キャベツに含まれているビタミンKには、カルシウムの流出を抑える効果があり、カルシウムを効率良く吸収することができます。

               また、ビタミンCには、風邪予防などの免疫力を高めてくれる効果、ビタミンUには抗酸化作用により胃や腸の粘膜を修復してくれるタンパク質

               の働きを 高めてくれる効果もあり、胃に優しいのが魅力的です。

               繊維質も豊富で消化も良いので、腸内環境を整え、便秘予防も期待できます。

 

 

 

2017.2月

         小松菜は離乳食初期から使っていただけるお野菜です。

         牛乳100gあたりカルシウム110mgであるのに対し小松菜は100g中170mgと小松菜の方が

         カルシウム含有量が多く含まれています!

         栄養価の高い優秀な野菜の一つである小松菜を離乳食に取り入れてみてはいかがでしょうか?

         ※茎の部分は繊維が多いため、しっかり噛めるようになる後期頃から与えてあげるようにしましょう。

         【小松菜のペースト】

          《 離乳食初期 5~6ヶ月 》

          ◆材料

             小松菜 (葉先の部分を使用) 15g

          ◆作り方

            1. 小松菜の葉先の部分をきれいに洗い、お鍋に水を入れ沸騰させる。

            2. 小松菜をクタクタになるまで煮る。

            3. すり鉢ですり、裏ごし器で裏ごしをする。

           【小松菜の和え物】

           《 離乳食中期 7~8ヶ月 》

            ◆材料

             小松菜(葉先の部分を使用)    15g

             人参                               15g

             もやし                10g

             ささみ                          10g

           ◆作り方

             1. 小松菜(葉先の部分)を3~4cmに切り、人参を薄く小さめに切る。

             2. もやしはひげ根と豆を取り除き刻む。

             3.  1の小松菜と人参、2のもやしを水を入れ沸騰させた鍋に入れ茹でる。

             4.  ささみの筋を取り除き別の鍋で茹でる。

             5.  3と4が茹で上がったら、3の小松菜と人参ともやし、4のささみをそれぞれ細かく刻む。

             6.  5を和える。

               ※うどんやお粥の具としても使っていただけます。

             【小松菜と人参の卵炒め】

             《 離乳食後期 9~11ヶ月 》

             ◆材料

                 小松菜(葉先の部分)       15g

                 人参                                    15g

                 卵                                    1\2個

              ◆作り方

               1. 鍋に水を沸騰させ、小松菜(葉先の部分)と人参15gを茹でる。

               2. 小松菜は2分くらい茹でたら鍋から取り出しすぐに冷水につけ色止めをする。

               3. 人参は約10分くらい茹で、茹で上がったら鍋から取り出して、細かく刻む。

               4. 小松菜の水気を切る。

               5. 水気を切った小松菜は揃えて3cmくらいの大きさに切る。

              6. 熱したテフロン加工のフライパンに卵を溶いたものを流し入れ、半熟状態になったら5の小松菜と

                  3の細かく刻んだ人参を入れて炒める。

              7. 小松菜と人参が卵に良くなじむまで炒め、卵に完全に火が通ったら完成。

              【もちもち小松菜ポテト】

            《 離乳食完了期 1歳~1歳6ヶ月 》

           ◆材料

               小松菜(葉先の部分)               10g

               人参                                          10g

                じゃがいも                              中1個

               ちりめんじゃこ                        10g

          ◆作り方

               1. じゃがいもをすりおろす。

               2. 小松菜と人参をよく洗ってから茹でる。

               3. 小松菜と人参が茹で上がったら軽くしぼり水気をきり小さく(2~3cm)切る。

               4. 鍋に水を入れ沸騰したら、ちりめんじゃこを入れて1分程茹がき塩抜きをする。

               5. ちりめんじゃこをザル移し湯切りをし冷ます。

               6. ボールに小松菜、人参、じゃがいも、ちりめんじゃこを入れてよく混ぜる。

               7. 混ぜたら直径4~5cmの大きさに薄くのばす。(厚さ8mm程度)

               8. 熱したテフロン加工のフライパンで7を焼く。

               9. 両面こんがり焼けたら完成。

             ◇◆今月のワンポイント◆◇

              小松菜はカルシウム、β‐カロテン、ビタミンC、ビタミンE、鉄分などを豊富に含んでおり、中でも丈夫な骨を

              作るために欠かせないカルシウムと、体内のビタミンAが不足した時に皮膚の状態を整えたり口や鼻からの

              ウイルスの侵入を防ぎ風邪にかかりにくい身体にするなどの効果があると言われているビタミンAに変換される

              β‐カロテンが特に多く含まれています。

              味もくせが少ないので赤ちゃんの離乳食に使用しやすいですよ。

2017.1月

         ほうれん草は離乳食初期から食べることが出来る食材です。

         離乳食初期・中期は葉の部分だけを食べさせるようにしましょう。

         茎の部分は固いので、やわらかく茹でて細かく切ったものを後期から食べさせるようにしましょう。

         【ほうれん草のペースト】

         《 離乳食初期 5~6ヶ月 》

         ◆材料

          ほうれん草 (葉先の部分を使用) 15g

         ◆作り方

          1. ほうれん草をきれいに洗い、葉先を茹でる。

          2. 茹で終わったら水にさらしアク抜きをする。

          3. 水気を取り、ほうれん草を細かく刻みすり鉢ですりつぶす。

          4. 少量の水を入れた鍋に3を入れのばす。

          ※ ほうれん草は繊維が多く含まれているのでよくすりつぶしましょう。

          【ほうれん草のスープ】

          《 離乳食中期 7~8ヶ月 》

          ◆材料

          ほうれん草(葉の部分) 10g

          人参 5g

          豆乳(無調整のもの)   5cc

          出汁 30cc

          ◆作り方

           1. ほうれん草を茹で水にさらし、別の鍋に出汁を入れ人参を茹でる。

           2. 水気をきったほうれん草とやわらかくなった人参を鍋から取り出しミキサーにかける。

           3. 鍋に豆乳5ccと2を入れ弱火で温める。

          ※調製豆乳と無調整豆乳の違い

              調製豆乳は飲みやすいように豆乳に新たに添加物などを入れ二次的加工・製造されたもので、

              無調整豆乳は原料成分は大豆と水のみで何も調整していないものをいいます。

           【ほうれん草の茶碗蒸し】

           《 離乳食後期 9~11ヶ月 》

           ◆材料

            ほうれん草(葉先)    15g

            人参 15g

            卵黄(濾したもの) 1\2個

             だし汁(薄めたもの)   50cc

            ◆作り方

             1. ほうれん草を茹で水にさらし、人参(皮をむいたもの)を茹で、茹であがったら細かく刻む。

             2. 1と卵黄(濾したもの)とだし汁を合わせ容器に入れる。

             3. 鍋に容器の半分がつかる程度の水を入れ沸騰したら2を入れ、弱火で10分程度蒸す。

             【ほうれん草と人参の卵焼き】

             《 離乳食完了期 1歳~1歳6ヶ月 》

            ◆材料

            ほうれん草 10g

            人参 10g

            納豆 小さじ1

            卵(全卵) 1/2個

            だし汁          大さじ1

            油            少量

            ◆作り方

             1. ボウルに卵1個を入れ溶きほぐし半量に分ける。

             2. ほうれん草を茹で、茹であがったら水にさらしてアク抜きが終わったら、水気をとり細かく刻む。

             3. ほうれん草とは別の鍋で人参をやわらかくなるまで茹で、細かく刻む。

             4. 1のボウルにだし汁大さじ1と2のほうれん草と3の人参と納豆小さじ1を入れよく混ぜる。

             5. 熱した卵焼き用フライパンに薄く油をひき4を入れ通常の卵焼きを作る要領で焼く。

  ◇◆今月のワンポイント◆◇

             1年中市場に出回っているほうれん草ですが、旬は11月~2月で旬の時期は味・栄養価共に他時期を 

            上回るといわれています。

            ほうれん草は鉄分やβ‐カロテン、ビタミンCなどが豊富に含まれており、ビタミンB1、B2、カルシウムなどの

            不足しがちな栄養素も含んでいます。

            根元の赤い部分には骨を丈夫にするマンガンが豊富に含まれています。

            また、ほうれん草にはシュウ酸が含まれており体内のカルシウムと結びつき結晶となり結石を引き起こす原因

            となるため、ほうれん草を調理する際はたっぷりのお湯でゆがき、水にさらしてアク抜きをしてから使用することを

            おすすめします。

 

       2016.12月

         今が旬の大根を使ったレシピです。

         辛味の強い先の部分は離乳食には避けた方がいいですが、甘みが強くやわらかい真ん中の部分を離乳食に使用してみてはいかがでしょうか?

         寒い時期の大根は甘味があってみずみずしくておいしいですよ!

         【大根のすりつぶし】

          《 離乳食初期 5~6ヶ月 》

         ◆材料

           大根 (真ん中の甘い部分を使用) 100g

        ◆作り方

           1. 大根の皮を厚めにむく

           2. 5mm程度のいちょう切りにし、鍋で茹でる。(箸でつぶれるくらいまで茹でる)

           3. すり鉢でつぶす

           4. つぶしたものを更に裏漉し器で濾す。

           ※お粥に入れたりいろいろな料理に使っていただけます。

      

           【大根と人参のやわらか煮】

           《 離乳食中期 7~8ヶ月 》

           ◆材料

           大根            15g

           人参            15g

          薄めたかつお出汁 具が浸るくらい(200cc)

           ◆作り方

              1. 大根、人参は皮をむき5mm角に切る。

              2. 鍋に1と出汁(薄めたもの)を入れ具がちょうど浸るくらいまで出汁を入れ中火にかける。

              3. 沸騰したら弱火で20分煮る。(指先で簡単につぶせるやわらかさになるまで煮る)

 

 

           【大根おろし餅】

 

           《 離乳食後期 9~11ヶ月 》

          ◆材料

              大根        200g

              人参            30g

              片栗粉    大さじ2

              (油      適量)

         ◆作り方

          1. 大根200gの皮をむき、おろし金でおろし、水気を切る。

           2. 人参30gの皮をむいて茹で、みじん切りをする。

           3. 1と2に片栗粉大さじ2を入れて混ぜ、直径3~4cmの大きさに成形する。

           4. 熱したフライパン(テフロン加工のもの)で両面焼く。

          ※ 離乳時にあまり油を使用したくないためテフロン加工のフライパンとしました。

                テフロン加工のフライパンが無ければ、普通のフライパンに少量の油をひいて焼いてください。

         

          【大根と牛肉のコロコロ煮】

          《 離乳食完了期 1才~1才半 》

          ◆材料

              大根 15g

              人参 15g

              牛肉 15g

              かつお出汁 300cc

          ◆作り方

             1. 大根、人参は1cmの角切りにする。

             2. 牛肉は脂身を取って細かく切る。

             3. かつお出汁で人参と大根を煮る。

             4. やわらかくなったら牛肉を入れ弱火で煮込む。

 

 ◇◆今月のワンポイント◆◇

     大根の旬は11月~2月といわれており今がちょうどその時期にあたります。

     大根はデンプンの消化酵素であるジアスターゼがとても多く含まれており、

     腸の働きを整えたり消化を助けたりする働きがあるため、赤ちゃんにはぴったりな食材です。

     食物繊維やビタミンCが豊富に含まれているため便秘予防や風邪予防にも期待できます。

      他にもカルシウム・ナトリウム・リン・鉄と幅広い栄養素が含まれており、離乳食中期~後期

           にかけて不足しやすい鉄分も豊富に含まれています。

 

     2016.11月

      南瓜がおいしい 季節ですね!
      今回紹介させていただくレシピは煮物からリメイク出来るので是非お試しください♪♪

      【南瓜のおやき】

     ◆材料
       南瓜    1/4個
       片栗粉     大さじ1

     ◆作り方
    ☆南瓜の煮物が残っていればそちらで代用可能(手順①~③)です!

       1. 南瓜1/4を一口大(若干大きめ)に切り、皮を所々むく。
       
2. 皮の部分を下にして鍋に並べ、砂糖大さじ2、醤油大さじ2、水200㏄を入れ中火で煮る(火加減を見ながら調整してください)

       3. 煮えたら冷ます。(冷めると味が染み込みます。)

       4. 冷めた南瓜の煮物3個に片栗粉大さじ1を入れ混ぜ、直径5cmで1cmほどの厚さになるよう成形する。

       5. 4 をフライパンにいれ両面焼けたら出来上がりです。

 ◇◆今月のワンポイント◆◇

    実は南瓜の旬は7月~12月と言われていて今がちょうどその時期に当たります。   

    南瓜にはβ‐カロテンが多く含まれており免疫力を上げる効果や粘膜などの細胞を強くして

    細菌やウイルスなどを撃退する効果があると言われています。   

    風邪を引きやすいこれからの季節にはぴったりのお野菜ですね!

 

     2016.10月

       秋・・サツマイモやカボチャなど、離乳食に適した野菜がたくさん出回る季節ですね!
       ミニチュアサイズに作れば、赤ちゃんも喜んで食べてくれそうですね!!

       砂糖もバターも使わない【スイートポテト】

      ◆材料
        さつまいも  約25g
        ミルク  小さじ2
        卵黄  少々

      ◆作り方
         1.下ごしらえしたさつまいもを熱いうちにフォークや裏ごし器でなめらかになるようつぶします。
         2.さつまいもをミルクでのばし形を整えます。
         3.表面に卵黄をぬり、トースターで表面がこんがり焼き色がついたらできあがりです。

 ◇◆今月のワンポイント◆◇

         【安納芋】
         水分が多く粘質性で、焼くとまるでクリームのように ネットリとした食感に
         なります。また、非常に糖度が高く、じっくりと火を通すことにより糖度が
         40度前後にもなる芋として人気です。

         離乳食にもとっても適していると思いますので、ぜひお試しくださいね!

 

     2016. 9月

       まだまだ暑い日が続いていますね!
       暑い日は、そうめんで乗り切りましょう!!

       【初期 5ヶ月~6ヶ月】
       カボチャ入りそうめん
       1. 「すりつぶしそうめん」を赤ちゃんが食べる量だけ用意。
       2. 皮をのぞいたカボチャをレンジで柔らかくし、野菜スープでのばしたものを小さじ1用意。
       3. 1.と2.を混ぜて出来上がり。

      【中期 7ヶ月~8ヶ月】
       あっさりそうめん
       1. そうめん10gを茹でて水洗いし、食べやすく刻む。
       2. 1.にだし汁大さじ1を加えて、ざっとすりつぶす。
       3. キュウリ5gをすりおろし、2.に混ぜる。

      【後期 9ヶ月~11ヶ月】
       野菜炒めそうめん
       1. そうめん25gを茹でて水洗いし、2~3cmに刻む。
       2. タマネギ10g、ニンジン5g、ピーマン5gを千切りにする。
       3. フライパンに油を少々熱し、2.をしんなりするまで炒め、1.を混ぜる。

      【完了期 12~18ヶ月】
        シンプルそうめんおやき
        1. そうめん30gを茹でて水洗いし、1~2cmに刻む。
        2. 1.にカツオ節少々と片栗粉大さじ1を混ぜ、おやきの形にまとめる。
        3. フライパンに油少々を熱し、弱火で両面をこんがりと焼く。

 ◇◆今月のワンポイント◆◇

   そうめんは、離乳食に大活躍!!
     ・消化が良いので赤ちゃんの胃に負担がかからない。
       ・家族の分を茹でた時に取り分けることができる。
       ・茹でたものを冷凍しておくことができる。
       ・肉や野菜など、幅広い食材を組合わせることができる。
       ・乾麺の状態でポキポキ折れば、刻む手間が省ける。

       会員交流『つなぐ』取り扱いの野菜は種類豊富で安心・安全!!
       ぜひ、離乳食に季節の野菜を加えてみてくださいね!!

 

   2016.  8月

    【離乳食後期】 夏野菜のマーボー丼

          1.豆腐(15g)は5mm角に切る。

          2.ナス(1/4本)、ピーマン(1/8本)はゆで、粗みじんにする。 

          3.小鍋にサラダ油(少々)を熱し、豚ひき肉(大1)を炒め、火が通ったらナスと
             ピーマンを加えてさらに炒める。

          4.3に水(大3)と味噌(小さじ1/4)を入れ、ひと煮立ちしたら、
             水溶き片栗粉(小さじ1/4)でとろみをつける。

          5.5倍がゆ(大3)をよそった器に4.をかける。

    **ポイント**
    水溶き片栗粉でとろみをつけると、喉ごしが良く食べやすくなります。
    (水1:片栗粉1) 

 ◇◆今月のワンポイント◆◇

     皆さん、夏休みのご予定はお決まりでしょうか?
     夏のお出かけ時の食事には、離乳食について注意する点があります。

     1. 清潔なお弁当箱(容器)を使います
          2. 保存していたものではなく、作りたてのもの
          3. しっかり冷ましてから、ふたをする
          4. 保冷をしっかりする(保冷バッグに保冷剤を入れましょう)
          5. 直射日光をさけて、早めに食べる

          大変なようですが、手作りの離乳食は水分が多いものも多く傷みやすいです。
          一手間かけて、赤ちゃんにも楽しく食事をして欲しいですね!!

 

       2016.7月

       7月7日は七夕ですね!
       赤ちゃんも一緒に楽しめるゼリーのご紹介です。
       とっても簡単で、離乳初期~後期まで食べられます。

       ◆材料
     寒天:3g ・ 水:250ml ・ りんご:1個

     ◆作り方
         1.りんごの皮をむいて種を取り、フードプロセッサーなどで摩り下ろす
         2.摩り下ろしたりんごを鍋に入れ、水と寒天を加えて1分ほど火をかける
         3.寒天が溶け出したら、良くかき混ぜてから火を止めて、星型の容器に入れる
         4.冷蔵庫で冷やし固めたら完成

             摩り下ろしりんごと寒天を使ったシンプルなゼリーです。星型の形に作るなど、普段と形を変えるだけでも七夕という雰囲気が出て楽しいです!

             りんごだけでなく、ミカンやトマトなど別の食材で変化をつけても良いですね!

 

 ◇◆今月のワンポイント◆◇

       薄味が大切!!       

       お医者さんや保健師さん、栄養士さんが勧める「薄味」とは、「塩味や砂糖味の使いすぎを控える」という意味です。     

         塩や砂糖も全然使わないのでは赤ちゃんにとってもおいしくありません。   

          「だしの旨味」ならしっかりきかせて大丈夫です。 市販のベビーフードを試食してみて、「薄味」のコツをつかみましょう。

 

 

お知らせ

「お知らせ」は、現在作成されておりません

 

よくあるご質問

お問い合わせ

有限会社学校厚生会 

電話番号:078-331-9964

ファクス番号:078-331-8055