• お問い合わせ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

メニュー

ホーム > イベント > チケットプレゼント検索 > 『拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング 植松奎二 JUN TAMBA 榎忠展』 BBプラザ美術館

ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

『拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング 植松奎二 JUN TAMBA 榎忠展』 BBプラザ美術館

〈拡がる彫刻〉と題した本展覧会では、国内外で注目を浴びている植松奎二、JUNTAMBA、榎忠ら3人の美術家の作品を介して、彫刻とドローイングの概念の拡がりを提示します。

戦後、イタリアを代表する彫刻家・ルーチョ・フォンタナ(1899-1968)は、キャンバスをナイフで切り裂くなどして、運動の形象化ともいえる行為を重視し、新しい空間概念を創造しました。更には〈空間主義〉を標榜し、彫刻と絵画の習慣的な区分に疑問を投げかけています。

当館でも、本展を通してこの習慣的な区分を再考し、三人三様の空間との関わりで提示される、彫刻とドローイングから派生する空間造形を通じて、昨今の〈彫刻とドローイングの概念の拡がり〉を提示します。

一般的に、彫刻は木や石、金属などを材料として図像を三次元的に表現したもの、ドローイングは紙や布といった平面の支持体上に無彩または淡彩で描画したものとされます。

本展は、空間を支持体に、金属や石を素材とした彫刻で描き出すこともドローイングの一種であり、また、平面ドローイングも構成によっては、彫刻の一種になりうることを試みるものです。〈彫刻とドローイングの関係〉という共通のテーマのもと、ひと月ごとに3作家が入れ替わり、最新作を交えた三者三様の展示空間をご覧いただきます。

〈彫刻は立体、ドローイングは平面〉というイメージを超えて、3人の熱き美術家たちが紡ぎ出す新しい時空間を体感ください。



Ⅰ期:植松奎二展     2017年7月4日(火)-7月30日(日)

Ⅱ期:JUN TAMBA展   2017年8月4日(金)-8月27日(日)

Ⅲ期:榎忠展       2017年9月3日(日)-9月28日(木)

うえまつ

植松奎二〈Situation-Gravity axis 置-重力軸〉2017

えのき

10.榎忠〈ギロチンシャー1250〉2011 兵庫県立美術館 撮影:表恒匡(SANDWICH GRAPHIC)©Chu Enoki

じゅん

JUN TAMBA〈横たわる人〉2016 撮影:柳銀珪(RYU Eunkyu)

詳細

会場名

BBプラザ美術館

住所

〒657-0845
神戸市灘区岩屋中町4丁目2番7号
BBプラザ2F

電話番号

078-802-9286

会期

2017年7月4日~2017年9月28日

開館時間

午前10時 ~ 午後6時 (入館は午後5時30分まで)
※7/4(火)は午後1時~開館

休館日

月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
展示替え期間(休館):(7/31-8/3・8/28-9/2)

料金

一般400(320)円 大学生以下無料
※65歳以上の方、障がいのある方とその付添いの方一名は半額/( )内は20名以上の団体料金
缶バッチ型入館パス500円(会期中何回でも入館できるパスポートを特別販売予定/各種割引は対象外)
※7/7は開館記念日のため入館無料

チケットプレゼント内容

このプレゼントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

募集期間

2017年7月10日~2017年7月17日

お問い合わせ

事業企画部広報課

電話番号:078-331-9962

ファクス番号:078-322-3582